時間の使い方タイプとクセ

時間がない理由

時間の使い方タイプとクセ

時間簿を分析して、時間の使い方にはタイプがあることがわかりました。  
まず、自分がどんな時間の使い方タイプなのかチェックしてみましょう。



1.流されタイプ
周りから声をかけられたり、頼まれると、やりかけていることがあっても中断したままに自分のしたいこと、今日のやることがはっきりしていますが、ついつい、おしゃべりに流されたり、周りに流されてしまいます。

 

2 マイペースタイプ
周囲のことより、自分のしたいことを優先して行動します。家族がおなかを空かしていても、「ちょっと待って、すぐ終わるから」と言って、相手を待たせてしまいます。

 

3.振り回されタイプ
周りから声をかけられたり、頼まれると、やりかけていることがあっても中断したままになります。周りに振り回されて自分のことができない状況を作ります

 

4.こだわりタイプ

ひとつのことにこだわりすぎて、他のことに切り替えができません。料理にしても、趣味にしても、色や形にとことんこだわり、自分が納得しないと気がすまないのでなかなか先に進めません。

 

5.追われタイプ
人と約束をしたり、あれも、これもと予定を立てて、頭がくるくる回りいつも追われて忙しい、忙しいと言っています。中には、本当に忙しくて時間に追われている人もいます。

 

6.先延ばしタイプ
気が向かないと、やったりやらなかった、やることがあっても、「まあ、明日でいいか」と、ついつい先のばしてしまいます。

 

7.家族優先タイプ& 組織優先タイプ
自分がしたいことがあっても、子どものこと、夫のことを優先するあまり、自分のことがなかなかできません。、自分のことをやると最悪館を抱く人もいます。組織優先タイプはみんなのため、組織のためにと、自分のやることが後回しになります。中間管理職、や、プレイングマネージャ、組織の用事をいいつけられることの多い中間管理職に多い悩みです。

 

このブログを検索

自己紹介

あらかわ菜美  生活時間研究家&時間デザイナー 99年に「時間簿」(商標特許)を考案し、新聞、テレビ、雑誌で取り上げられ、全国的に話題。グーグルのキーワードに時間簿が誕生。著書45冊。 元はクラシックギターを教えていました。子どもに邪魔されて、どうたら時間を作れるようになるか思考錯誤・・・独自のアディアで時間のつくり方を構築

QooQ