時間簿とは?

おうち時間 時間簿

時間簿とは生活時間管理ツールです。

タイムスケジュールは、いつ、何をする、つまり自分の予定を記入しますが、時間簿は誰と誰が行動を共にしているかを知ることを重点においています。そのために時間簿の項目は「誰」「誰」「誰」が横並びになります。

時間は単独で流れていない、誰かと関わりながら重層に流れていることを視覚化しました。時間のない原因や時間の使い方のクセがよくわかります。時間簿は主婦の時間と思っている方もいると思ますが、組織で働くビジネスマンの「上司」「部下」と共通しています。
時間簿は目的に合わせて、それぞれにタイプがあります。次に紹介します。

時間簿見本1 いちばんかんたんな時間簿



家族の項目 だけのシンプルな時間簿です。
朝の時間ですね。家族を起こして食べさせて、忘れ物がないか、時計を気にしながら遅刻しないように送り出すって大変ですね。「起床」「朝食」「登校」」出勤」をみると、家族の行動にバラつきがあります。そうすると、効率の悪い時間の使い方になります。


時間簿見本2 「家事、他」の項目



「家事・他」は家事のほかに銀行」「クリーニング」「授業参観」「病院」、その他の雑用など。お金に例えると雑費みたいなものです。

ママはお菓子を作っていますね。
「夫」は朝6時15分に息子と一緒に起きて遊び相手iになり、布団の片づけをしたりしています。
「息子」を中心にして、夫婦で育児を助け合っている雰囲気がほのぼのと伝わってきます。実際は夫は出勤時間を気にして、妻はお菓子がうまく焼けているかハラハラしながら、朝の忙しい時間に、「おいしいお菓子ができるから待っててね」と声を掛け合っている親子の姿が想像できます。


時間簿見本3 「自由時間」の項目

 

中学生と高校生の子どもがいると、学校の始まる時間がそれぞれが違い、さらに塾や部活や受験が入ると寝る時間も起きる時間も家族全員の行動がバラバラなります。「自由時間」の項目は、預金箱を目に付くところに置くというイメージで、家計費からあらかじめ、ヘソクリ分を差し引くという考え方です。
また、一日をふり返ったとき、どこの時間帯で自由時間が取れたかチェックするときの目安になります。小銭が自分のヘソクリになるようなものですね。


時間簿見本4 「育児・家事」「割り込み」の項目



「育児・家事」「割り込み」をつくると、子どもに邪魔されて家事のはかどらない理由がみえてきます。この時間簿をみると、「夫」はシャワー中、ママは支度中に子どもが遊んでほしいとごねています。「割り込み」の項目をつくると、いろいろなことに中断されることがわかります。こうして、時間簿をつけると、子どもは一日中、イタズラをしているわけではありませんので、どの時間帯に何をすればいいかわかるようになります。



時間簿見本5 家計簿のような時間簿



小学二年の双子と幼稚園児の子どもが三人。
子どもたちが同じ時間に起床して、家族全員で朝食をしています。母親がよほど意識しないと、このように家族全員をまとめることはできません。一日の行動にメリハリがあり、すばらしい時間簿です。わたし自身、この時間簿をみたときに感動しました。100人に1人か2人の時間簿です。(エッセという雑誌に読者モデルとして採用させていただきました)

「時間簿5」はパパ」「長男」「次男」「長女」「食事」「掃除・洗濯」「その他」「家事以外の雑用」「割り込み」「趣味・くつろぎタイム」の項目作って、まるで家計簿のようです。まさしく時間の家計簿です。こうしてみると何に時間をどのように使ったかわかりやすいですよね。家計簿の袋わけのような考え方ですね。



時間簿見本6 「ペット」の項目


時間の悩みに書いてあるように、ペットの世話に追われて忙しい時間簿もたくさんあります。ペットの散歩は、いやしの時間か、自分時間か、、家事・その他の時間にするか、この解釈はひとそれぞれです。こうして、ペットの項目をつくると、家事よりペットの世話に時間がかかっているな~とかわかりますよね。



時間簿のつけ方

時間簿は15分、30分、60分があります
行動を細かくつけたい人や家族や子どもが多くいる人は15分にするといいでしょう。家計簿だと雑費やその他の出費を記入することと同じ考え方です。
家計簿も細かくつけると面倒で長続きしません。ですので、一日の過ごし方をみるだけで気づくことがあるので30分がいいでしょう。

朝から順番に書かなくても、思い出したことから記入します。朝、起きた時間と寝る時間と食事の時間はすぐわかりますよね。「起床」「朝食」「登校」など自分でわかるような言葉にします。

行動に色をつけてみる
「食事」の色は〇色、「登校」は〇色と色分けしてみると「誰」と「誰」が何をしているかわかります。 見本の時間簿だと、ピンク色が「起床・朝食」になっています。
「食事」の色は〇色、「登校」は〇色と色分けしてみると「誰」と「誰」が何をしているかわかります。 見本の時間簿だと、ピンク色が「起床・朝食」になっています。

それぞれの行動に色をつけたら、どの色がいちばん多いか、どの色が同じ列に並んでいるかチェックします。 

時間簿のつけ方サンプル

  • 忙しい時間帯はどの時間?
  • 夫婦の時間はどこにあるぬ?
  • 自分の時間はどこにある?
  • 家族全員が揃っている時間はどこにある?
  • 割り込みは?




時間簿の強みなんといっても時間簿の強みは誰と時間を共有しているか、それを視覚化して時間のない原因をあきらかにします。。

それと時間簿の特長は、生活時間の管理ですので日常に起こる出来事を記入します。
たとえば 「割り込み」だけでもは、電話、子どもの熱、忘れ物、急に降ってきた雨、電車の遅れなど。こうしたささいなことが、自分の思うように時間が使えないおおきな要因となっている場合が多いのです。

おカネに例えると、特別出費のようなものです。家計費はこうしたことをきちんと記入してどこにムダな出費があったチェックしますよね。それと同じです。




時間簿サンプル

時間簿白紙30分


*まとめ★
時間簿の紹介と時間簿のつけ方とチェックについての説明でした。



このブログを検索

自己紹介

あらかわ菜美  生活時間研究家&時間デザイナー 99年に「時間簿」(商標特許)を考案し、新聞、テレビ、雑誌で取り上げられ、全国的に話題。グーグルのキーワードに時間簿が誕生。著書45冊。 元はクラシックギターを教えていました。子どもに邪魔されて、どうたら時間を作れるようになるか思考錯誤・・・独自のアディアで時間のつくり方を構築

QooQ